手作りパンが美味しい件について


おはようございます.

そしてお久しぶりです.

息子です.

ここ一週間ほどホームベーカリーでパンを焼いては食べています.

ホームベーカリーもピンからキリまでありますよね.

我が家のは値段的には安い部類に入るものだと思いますが,性能はなかなか良いと思います.

ホームベーカリーで作ったパンと店でよく売っているパンの何が違うかというと,耳の部分が全然違います.

これは食べたことがないと信じられないと思いますが,耳がとても美味しいんですよ.

ここのところ,サンドイッチを作ってランチにすることが多く,食パンを頻繁に買っていました.

よく買っていたのは,ヤマザキパンのふんわり食パンという耳の柔らかいパンです.

それがないときはPascoの超熟を買っていました.

サンドイッチに使いやすい8枚切りは売り切れの時も多いのです.

超熟も美味しいと思うのですが,サンドイッチにすると耳の主張が激しいんですよね.

まあ,カットしてしまえば良いんですが,面倒じゃないですか.

パンの耳は固くてあまり味がしないところ.

たぶん,小さい頃からずっとそう思っていたと思います.

でも,ホームベーカリーで焼いたパンは違うんです.

耳がカリッとして美味しいんです.

パンの美味しい部分が密集しているのが耳なんです.

初めてホームベーカリーで焼いたパンを食べた時は衝撃でした.

焼き立てパン
焼きあがったパン(美味しい方を上にしました)

パンの耳が好き,という人は味覚がおかしいんじゃないかとずっと思っていましたが,それは私が知らなかっただけだった,ということを知りました.

少なくとも半年は使っていなかったと思いますが,またパンブームがやってきたみたいです.

作ると言っても,材料を計量して入れるだけなのですが.

量るのは,冷たすぎない水,小麦粉(強力粉),砂糖,塩,オリーブオイル(バターの代わり),そしてイーストです.

1.5斤で,小麦粉が320gというレシピが標準(?)なので,かなり小麦粉の消費が激しいですが,2kgで400円くらいのものを使っています.

普通はバターを使うところをオリーブオイルで代用するのが我が家流(?)です.

材料費や電気代,ホームベーカリーの減価償却や計量する人件費なども考えると,食パンを買うのとあまり変わりませんが,同じ値段でこの美味しさが手に入るのであれば価値あるものだと思います.
(おそらくパンの消費量も増えてしまいますので要注意です)