向田の火祭り


おはようございます、息子です。
今日は、能登島の夏を飾る「向田の火祭り」を紹介したいと思います。


昨日紹介した「塩津かがり火恋祭り」と同じ7月28日(土)に、七尾市能登島向田町で「向田の火祭り」が開催されます。

火祭り広場に立てられた約30mの柱松明の周囲を燃え盛る手松明を持って男衆が駆け巡る。合図とともに一斉に手松明を柱松明に投げつけると、柱松明がたちまち巨大な火柱となり、火焔が天を焦がす様は圧巻。能登島向田町に鎮座する伊夜比神社の夏祭り。大松明の倒れた方向によって、豊漁・豊作を占う。また柱松明の先につけられている御幣を取ったものは延命息災が叶うと言われている。

[能登島向田の火祭]

何と言っても、圧倒的な火柱が特徴です。
かなり離れていても顔が熱くなるほどの炎の柱は圧巻です。
その柱がどこに倒れるのかわからない、という緊張感もたまりません。
神秘的な炎は、気が付けば見とれてしまっていることでしょう。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、お電話(0767-84-1161)、または、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。