金沢駅の将来?


おはようございます。
息子の妻です。
本日は金沢駅の記事についてご紹介致したいと思います。


先日、金沢へ行った際に
北陸新幹線のホームなどが着々と出来上がっている様子を見ました。
その北陸新幹線の駅について
大変興味深い記事が掲載されていました。
2012年5月14日掲載記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120512-OYT1T00071.htm
(上の画像をクリックするとリンク先を読めます)
九谷焼や金箔など、
石川県には有名な工芸品が多くあるわけですが、
それらの模造品を使用する方向にあるようでしたが、
「本物を使うべき」という声が挙っているそうです。
確かに…と思いますね。
せっかく遠いところを訪ねて来られたのに
最初に目にするものが模造品というのは
何だか淋しいという気持ちと、
本物を知る良い機会を潰してしまうという2つの要素があるような感じですね。
この駅に来れば本物の工芸品に出会えるというのも
新しい駅ならではの売りになるのではないでしょうか。
そういえば、金沢は観光都市として非常に大きな街でありながら、
JRの改札が未だに自動改札じゃないことに驚かれた方も非常に多いのでは?
新幹線の開通とともに改札も自動化されていくことと思います。
現在、金沢駅西口の改修工事が進んでいますので、
新幹線の開通する頃にはさらに美しく、便利な駅になることでしょう。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。