キキの義眼の経過報告


おはようございます、息子です。
先日、キキを連れて動物病院へ行ってきました。
経過観察と抜糸です。


先週、義眼の手術をしたわけですが、とりあえず一週間後に経過を確認するということで、先日行ってきました。
水晶体脱臼という状態から、利尿剤を使って硝子体の水分を抜いてやったのですが、結果的には効果がありませんでした。
それどころか、眼圧の高い状態が続いていたためか水晶体が角膜にくっついて角膜に栄養が行き届かないような状況になっていて角膜の表面が凸凹に見えるようになりました。
義眼の手術をした場合、角膜を保護する機能が働いて、角膜に血管が広がっていくらしいのですが、その機能が中央部分に到達するのは時間が掛かるので、場合によってはその部分は完全に治癒しない可能性もありました。
今回の診察の結果、経過は順調ということでした。
血管も徐々に広がっていっており、また、栄養が行き届いていなった部分についても、順調な兆しがあったようです。
抜糸もあっという間に終わりました。
抜糸前
抜糸後
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、お電話(0767-84-1161)、または、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。