緑内障とは何だったのか


こんばんは、息子です。
昨日、キキ(パピヨン)を動物病院に連れて行きました。


日曜日、Perl入学式から返ってくると、キキ(パピヨン)の様子が変でした。
左目の目やにが酷いのと、眼球の向きがおかしいのです。
そういうわけで、昨日、近所の病院に連れて行きました。
結果は、緑内障、だろうということです。
数値は聞きませんでしたが左目の眼圧が高かったようです。
緑内障といえば、私が緑内障と診断されたのが4年(5年?)くらい前でした。
低眼圧緑内障というヤツで、眼圧の値は標準的ですが視野の一部が欠けています。
その時、遺伝の可能性もあるということで実家の両親や妹たちにも一度診断してもらうように伝えました。
なんということでしょう。
母が緑内障と診断されたではありませんか!
妹たちは(少なくとも当時は)なんとも無いようでした。
そして、ここに来てキキが緑内障とは。
血が繋がっていなくても家族には遺伝するのですね(違
病院で処方された眼圧を下げる目薬をこまめにさしていると、多少はマシになっているように見えました。
しかし、朝起きてみると、目やにで目が開かなくなっているではありませんか!
あまり押さえつけないように、濡らしたティッシュで丁寧に目の周りを何度も何度も拭いて(というよりはふやかして)ようやく綺麗になりました。
私は、カメラを向けるのがストレスなのかもしれない、という思いが少しあり自重しています。
医者には、義眼もすすめられました。
いきなり何言っているのか、と思いましたが、落ち着いて考えてみれば、目薬をさしたあと顔を拭くような仕草(キキはネコのように前肢で顔を拭くのです!)をするのを見ていると、状況次第では痛みをなくす手段として義眼という選択肢も考慮する必要はあると思いました。
緑内障というよりは、眼圧が高い原因が何なのかの方が問題です。
眼球を後ろから圧迫しているような腫瘍などがある場合もあるようで、そうだった場合は診ていただいた病院では専門的な設備もないため、いずれは専門医を紹介するという話でした。
しかし、早々に専門医に診てもらいたいので紹介状を書いて(検査や処置内容をちゃんと書いてあるものが必要だそうです)いただき、木曜日に専門医を訪れることにしています。
月曜日のうちはあまり元気はありませんでしたが、今日はある程度回復しているような感じです。
大したことがなければ良いのですが…。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、お電話(0767-84-1161)、または、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。