のと鉄道巡り


おはようございます、息子です。
のと鉄道の全駅を(車で)制覇してきましたので、紹介したいと思います。


のと鉄道は、七尾と穴水を結んでいます。

のと鉄道株式会社(のとてつどう)は、国鉄改革にともない第3次特定地方交通線に選定された能登線を引き受けるために設立された、石川県などが出資する第三セクターの鉄道事業者である。本社は、石川県鳳珠郡穴水町字大町チ字24番2。

まずは七尾駅。
七尾駅 七尾駅の「のとホーム」
JRのホームとは別にのと鉄道のホームがあります。
お次は和倉温泉駅です。
ようこそ和倉温泉へ
和倉温泉の玄関口ですね。
次は田鶴浜駅です。
田鶴浜駅 駅前に真っ赤なポスト
駅前には真っ赤なポストがあります。
駅名標を撮ったつもりでしたが、撮れてなかったようです…。
お次は笠師保駅。
笠師保駅 道行く車に電車通勤・通学を奨めています
駅の目の前に郵便局がありました。
主要道路に向けて、ホームに大きな看板が掲げられていました。
なんとも哀愁漂う感じでした。
次は能登中島駅。
能登中島駅(少し前の写真ですが)
何度か来ているので今回は通過しました。
中島菜等の販売所があったり、カキ祭りのノボリがあったり、わりとにぎやかな駅です。
その次が西岸駅です。
西岸駅
この駅も目の前に郵便局がありました。
そして、この駅のもう一つの顔が湯乃鷺駅です。
幻(?)の湯乃鷺駅
上の西岸駅の写真をよく見ると、奥のほうにこの駅名標があります(文字は見えませんが)。
アニメの駅名標と同じように古さを表現しているのが凄いですね。
除幕式の時は、線路に降りての撮影が許可されたそうです。
この駅名標は期間限定ということです(いつまでなのかはわかりません)ので、一度はご覧になっても面白いと思います。
ということで、次は能登鹿島駅です。
能登鹿島駅 直径1mはある桜の木
この駅は、能登さくら駅とも呼ばれています。
幹の直径が1mを超えてそうな桜の木が何本もありました。
蕾はまだまだ小さかったですが、この駅の桜が満開になったら素晴らしい景色でしょうね。
次が終点の穴水駅です。
スタンプラリーの台紙と穴水駅
穴水駅では、全国“鉄道むすめ”巡りと称してスタンプラリーを実施しています。
2012年9月30日までということで、まだまだ時間があります。
折角ですので、是非「のと鉄道」でお越しください。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。