シナボン缶


おはようございます。
息子の妻です。
本日も珍しいアメリカ土産をご紹介致します。


本日ご紹介するのはこちらっ!
シナボン1
シナボンです。
アメリカのシナモンロールで有名なお店の商品です。
すでに日本から撤退してしまったチェーン店で
この持ち帰り用の商品は今回初めて購入しました。
今から20年くらい前、日本にもありましたが、
アメリカでは現在も冷蔵商品としてスーパーでパン生地が売られているのです。
そのパン生地のシリーズの中にシナボンのシナモンロールもあるのです。
他にもクロワッサンやディナーロールなど美味しそうなラインナップがズラリとありました。
Pillsbury(メーカー)公式サイト
http://www.pillsbury.com/Products
今回、作ってみたのは
脂肪分控えめシナモンロールです。
まずは缶を開ける作業から…
シナボン2
素手で開けるのは難しいのでバターナイフを使用。
シナボン3
ボフッッッ!
という、爆発音にはかなりビックリしましたが、
中からはフンワリとしたシナモンロールの生地が出てきました。
全部で8個分入っていました。
爆発音が苦手な方は耳栓をされるか、
代理の方に開封をお願いしてみてください(本気で)。
シナボン4
オーブンの天板に並べてみました。
180~200度のオーブンで約13~15分焼きました。
(このあたりの説明がいい加減な感じ(笑))
正しい表記としては、華氏400度のオーブン
もしくは
テフロン未加工の天板なら華氏375度との指示があります。
シナボン5
これは付属のアイシングで、これも缶の中から出てきました。
いわゆる砂糖と油のかたまりのようなものです。
シナボン6
焼き上がりました!
シナボン7
アイシングを上に乗せてみると
余熱ですぐに溶け出してこんな感じになりました。
食べてみましたが、
Fat Reduceとの表記なんて嘘みたいなほど、
甘ったるく、コッテリとした食感でした。
もちろん美味しかったですし、
コーヒーとの相性もバッチリです。
ここからは持論ですが、
砂糖の甘ったるい匂い
シナモン独特の匂い
コーヒーの匂い
これらが合わさると、
簡単にアメリカの香りが出来上がります。
但し、いずれもが強烈な匂いであることが必須です(笑)
色々な方のブログにも
同じ商品が掲載されていることがあるのですが、
たまに『運搬中に中身が出ていた』という報告もありますので、
ハワイやグアム、アメリカ本土から持ち帰りたいと思われる方は
安全に、爆発させずに持ち帰るためにも
長時間対応の保冷剤と保冷バッグを持参して下さい!
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。