2011冬のアメリカ旅行 妻版 その7


おはようございます。
息子の妻です。
本日も引き続きラスベガスより
旅の様子をお届け致します。


日本時間で言うところの一昨日、
こちらでは昨夜は、
『Terry Fator(テリー・ フェイター)』という
オリジナルのキャラクターを使った腹話術師のショーを観てきました。

会場はMirage(ミラージ)というカジノホテルにある常設ステージで
定期的にショーが開催されています。
内容はもちろんながら
英語によるキャラクターとTerry Fatorの会話、
そして、歌が中心となります。
いくつものキャラクターを上手に使い分けていることや
歌が非常に上手いのがこのショーの特徴だと思います。
他にも、
ラスベガスで行われている他のショーや
アメリカで売れている歌手などをネタにした内容など
洋楽好きならきっと内容が分かると思いますし、
ラスベガスに少しでも詳しくなれば
一体、何をコラージュしたものなのか…など
パッと見て笑える内容が非常に多いです。
ラスベガスでは
シルクドソレイユの常設ステージが
全部で7つほどあることで大変有名なのですが、
これら以外にも、もっと楽しいショーがあるので
ぜひ怖がらず、どなたにも楽しんでもらいたいです。
ただ、少なくとも私にとって
シルクドソレイユのKÀという作品は
何となくラスベガスに戻って来たという実感が湧く作品です。
この作品は日本人女性キャストが準主役級で出演しています。
様々な世界から様々な要素を持った人々が集まり、
日々、何らかの発見などがあります。
ギャンブルだけが魅力ではないこの街は
何日滞在しても時間が足りなくて困ります…。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。