ピアノコンクール 本選 @ 神戸


おはようございます。
息子の妻です。
一昨日、昨日と神戸ハーバーランドにある
神戸新聞 松方ホールという素敵なホールで行われた
グレンツェンピアノコンクールに行ってきました。
神戸の街はとても美しかったです。
ハーバーランド


2日間に渡り、今夏の予選を勝ち抜いた参加者たちが
近畿大会へ勝ち進むために演奏を競い合いました。
しかし、神戸ハーバーランドという場所柄、
演奏するだけで帰っちゃうのは勿体無い…ということで、
2日間とも私なりに遊びを交えた感じで楽しみました。
ちょうど今日12日(月)までは
このハーバーランドから少し歩いた元町を起点とする場所で
神戸ルミナリエという阪神大震災の復興イベントが催されていた関係で
観光客がいつになく多かったように思います。
(電車が激混みでした)
コンクール話に戻しますが、
毎回、予選から我が生徒たちは
何千万円もするようなグランドピアノを
1000~2000人クラスのホールで演奏するのです。
とても贅沢な経験で普通では考えられないことです。
競い合うという行為も大切かもしれませんが、
プロのピアニストと同じステージに立つことを
幼いうちから経験出来るというのは
イマドキな経験だと思いました。
私がフルコンサートピアノというもので初めて演奏したのは
記憶の限りでは中学生時代に
学校の5周年記念で西宮市民会館という
1000人クラスのホールで行われたイベントで
クラスの合唱の伴奏者として演奏したことです。
今回は私の生徒から近畿大会へ勝ち進んだ生徒もおり、
おちおちと冬休みを取ってはいられない…といった心境になります。
しかし、夏休み同様に自分の休みを犠牲にしていられないので
今回はきちんと冬休みを取らせていただきます(笑)
休みと引き換えに特訓をしようと思える日が続くかぎり、
きっとこういったイベントやコンクールは欠かさずに参加することになると思います。
ちなみに、このコンクールは全国開催されており、
石川県だと金沢駅前にある石川県音楽堂が会場となります。
幼いうちから音楽だけではない様々な体験をすることで、
感性が研ぎすまされるように思います。
いつも同じことばかりするのではなく、
新しい何かに挑戦することが
より感受性が豊かになる手助けになるかもしれませんね。
ひとまず、年内の大きな仕事はこの週末で終了しました。
あとは冬休みに向けて地道に働きたいと思います。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。