世界のCMフェスティバルに行ってきました!


おはようございます、息子です。
昨日から今朝にかけて「世界のCMフェスティバル2011 in OSAKA」に行ってきましたので、報告したいと思います。


昨日は仕事の時間を短縮して梅田へ繰り出しました。
目的地は「梅田芸術劇場」です。
開催されるのは「世界のCMフェスティバル2011 in OSAKA」です。
梅田芸術劇場の入口 会場入口の風船ゲート
会場につくとたくさんの人で溢れかえっていました。
目の前のコンビニにも、ものすごい人の数。
レジの中にはスタッフさんが7~8人はいたのではないでしょうか?
それでも対応に追われていました。
専属バンドによる歓迎
会場に入ると、聴き覚えのある音楽が聞こえてきました。
この曲はCMフェスティバルのテーマソングなのでしょうか。
それにしても、このウッドベースの方、すごい汗でした。
演奏をしばらく録画していたら、時々ですが写真撮影のために演奏を止めてポーズを決めたりしていました。
さて、この公演は5部に分かれていました。
およそ1時間ごとに30分ほどの休憩をはさむ感じなのですが、30分も休んでいるのかと思うほど休憩時間が短く感じられました。
休憩には移動時間もありますが、スポンサーから提供されている品々を見て回ったり、飲んだり食べたり、外の空気を吸いに行ったりしているうちに、あっという間に30分が過ぎ去っています。
デルモンテのバナナをいただきました デルモンテのバナナをいただきました
最初の休憩の時は、デルモンテのバナナがこんなに山積みでしたが。
山のようなバナナはなくなっていました
最後の休憩時には綺麗サッパリなくなっていました。
また、麦焼酎の壱岐っ娘も試飲会をやっていました。
壱岐っ娘を試飲しました 瓶に入っています
ストレートで出されたので一瞬迷いましたが、そのままいきました。
口に入れた瞬間はまるで水を飲んでいるような感じで、口の中で焼酎の独特な香りが充満していきました。
なかなかストレートで焼酎を飲む機会もないので、こういうのも新鮮だなと思いました。
他にも、ワインや日本酒、コーヒーの即売会(?)もやっていました。
SlowCoffeeによるHotラムコーヒーミルク カルロスさんのコーヒーと共に
このコーヒーは、1階席のロビーで販売していたのですが、ロビーはコーヒーの香りで充満していました。
有機栽培のコーヒーで、フェアトレード商品だそうです。
折角なのでラムコーヒーミルクを買って飲みました。
かなりラムのアルコールを感じましたが、なかなか美味しかったです。
休憩時間が短く感じられるのは、他にも理由があったと思います。
例えば会場のスクリーンです。
ぱちぱち~(名称不明)と会場のスクリーン
CMを映し出すスクリーンは、休憩時間中、Twitterの「#cmfes」というハッシュタグを表示していたり、舞台上から客席の様子を映しだしたりしています。
また、休憩中でもステージ上で演奏していたり、あるいはロビーでライブをしていたり。
新町爆走レディースのライブ
「新町爆走レディース」というバンドがセーラー服を着てパフォーマンスをしていました。
このあと、上半身はサラシを巻いただけの姿になっていたようです。
CMフェスティバル本編の方は、面白いものから考えさせるものまで色々とありました。
シリーズ物で会場でも最も人気だったのは、なんといっても「パンダチーズ」でしょう。

シリーズ物はどれも良く出来ていて(ってCMフェスティバルで上映されるので当たり前ですが)面白かったです。
個人的に響いたのは、日産リーフのCMです。

最後の瞬間に全てが繋がる。
語りはありませんが、心に直接響いてくるCMがこれ以外にもたくさんありました。
作品として観ているからかもしれませんが、CMからこれほど強いメッセージを受けることができる。
本当にCMっていいですよね。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。