雪吊りの作業が始まりました


おはようございます、息子です。
兼六園で雪吊りの作業が始まりましたので、紹介したいと思います。


兼六園の冬の姿は、誰もが見たことがあるのではないでしょうか。
聞いた事がなかったとしても「雪吊り 兼六園」で画像検索すると、見覚えはあるでしょう。

金沢市の兼六園では雪つりの作業が1日から始まり、庭師たちの熟練の技に観光客らが見入っていた。

[冬の風物詩 兼六園で雪つり作業 | NNNニュース]

雪の重みで枝が折れるのを防ぐのが主たる目的ですが、それが今や観光スポットとも言えるのですから、不思議なものです。
北陸の雪は、湿気が多いためか木の枝などによく積もります。
北海道などでは、パウダースノーと呼ばれるようなサラサラの雪なので、木の枝に積もったとしても富士山のような形に積もると思います。
しかし、北陸の方では、垂直に積もります。
枝の太さくらいの高さには余裕で積もってしまうので、重みは大変なものでしょう。
松の木なんかは、雪がなくても下から支える必要があるほど枝を広げるので、そこに雪が積もると折れてしまうのは火を見るより明らかです。
枝を雪から守る、そんな知恵が、自然と調和しているのですね。
冬の兼六園は見所がいっぱいです。
いつ雪が降るかはわかりませんが、雪の兼六園に是非一度はお越しください。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。