わくらの灯


おはようございます、息子です。
「わくらの灯」と言っても、和倉温泉の街灯の話ではありません。
お菓子の「わくらの灯」を紹介したいと思います。


先日、「ホテル海望」に宿泊したのですが、その時にウェブカムスイーツ(?)としてお茶と共にあったお菓子です。
まあ、お茶受けですよね。
そのお菓子が「わくらの灯」という名前のお菓子です。
上質な紙に包まれています とても柔らかい食感です。
ちょっと「和倉」の焼印がかすれていますが味には関係ありません。
柔らかくて、上品な甘さで、熱いお茶によく合います。
小さく「合わせ焼き」と書いてありますが、このようなお菓子のことを「合わせ焼き」というのでしょうか。
サラリーマン時代に、仕事で加賀の厚生施設に宿泊したのですが、その施設のお茶受けもこんな感じのお菓子だった記憶があります。
「合わせ焼き」で調べてみましたが、あまり有力な情報は見つかりませんでした。
魚料理の方法のようですね。
あとは、合わせて焼いたお菓子、とか。
もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、Twitter等で是非教えてください。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームから承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。