浜焼きコーナー in 能登食祭市場


おはようございます、息子です。
能登食祭市場にある「浜焼きコーナー」へ行きましたので、その時の様子を紹介したいと思います。


浜焼きコーナーはいつも満員で、なかなか入ることができないのですが、ウェイティングの間に買い物もできます。
能登食祭市場内で購入した物を持ち込んで食べることもできます。
この下はガスの火です。めちゃくちゃ熱いです。
テーブルはかなり熱いです。
火力が半端ないです。
この時はゴールデンウィーク期間中でしたが、汗を流しながら食事をしていました。
能登食祭市場内で購入した「ハチメのみりん干し」です。
これは、「ハチメのみりん干し」で、我が家の定番持ち帰りアイテムです。
「ハチメのみりん干し」は、七尾市内の普通のスーパーで買う事も可能ですが、能登食祭市場で買う「ハチメのみりん干し」は厚みが違います。
これは是非買っていただきたいです。
かなりオススメです。
調味料とトング、ハサミ、かにフォーク
このトングがないと、お話になりません。
トングを使っても熱いのです。
メニューです
みりん干しがあるので、海鮮浜焼きセットの方にしました。
海鮮浜焼きセットのほうです。
こちらが実物です。
配置は違いますが、看板に偽りなしです。
焼きましょう
ということで、焼き始めます。
貝類は結構早く出来上がります。
ここには見えていませんが、みりん干しも焼き始めています。
かなり熱いです。すぐにパカっと開きました。
はまぐりは開いたらもう食べごろらしいです。
開いたときに身がどっちについているのか、見分ける方法はあるのでしょうか?
エビは焼いてから皮を剥きました。ジューシーで美味しいですよ。
エビは、皮ごと焼いてから剥くほうがいいんでしょうね。
でも、皮を剥くのは結構大変です。
熱いので。
ホタテもジューシー。ほんのりと磯の香りがします。
ホタテは、貝柱くらいしか見かけないので、まるごと出てくるとちょっと驚きますよね。
ホタテはバターしょうゆ焼きが美味しそうですが、ここでは醤油焼きにしました。
サザエも焼きましょう
サザエは置き方にコツが要りますよね。
あとで醤油を入れたいので、なるべく口を上向きかつ水平になるように調整します。
醤油を直接入れて焼き上げます
醤油を入れて味付けです。
家庭ではこんなことできませんよね
醤油で味付けしたサザエです
ほんのり醤油の色が付いていますね。
干物も焼きます。結構大きいです。
奥のほうがセットについてきた方の干物です。
これも結構ゴツイです。
こんがり焼けます。しつこいですがかなり熱いです。
焼き始めてから結構経ちますが、火力が安定したのかもしれません。
私たちにとってはずっと熱いのですが。
イカもまるごと行きましょう。
イカもまるごと焼いてしまいます。
二人で海鮮浜焼きセット+ハチメのみりん干しを食べましたが、かなり満腹でした。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。