B787 ついに日本へ!


おはようございます。
息子の妻です。
今日は待望のボーイング787が日本にやってくる日です!!!


今朝は少々興奮気味になっています(笑)
2007年に完成披露されて以来、
度重なる延期を経て、ようやく日本へテスト飛行となったのは
ボーイング787、通称『ドリームライナー』と呼ばれる飛行機です。
全日空が開発に携わった関係上、
世界中の航空会社の中から第1機目が全日空に納品されます。
全日空 B787特設サイト
カーボン素材を利用し、軽量化を図ったことと、
機内の証明がLED照明になったことが
従来の飛行機との大きな違いです。
機内の幅は長距離路線のB777と比べて約40cm小さい程度。
航行可能距離は
東京ーニューヨーク、東京ーヨハネスブルク(南アフリカ)とのこと。
ちなみに
このB787を作るための材料を日本から運んだ飛行機は
通称『ドリームリフター』と呼ばれるB747の変形版。
ドリームリフターは中部国際空港(セントレア)もしくは
ボーイングの工場があるシアトルでしかお目にかかれません。
能登島に1番近い空港『能登空港』は
現在、全日空しか就航していないのですが、
能登空港から羽田を経由してB787を利用する方も
これから増えて来るかと思います。
さあ、早起きした皆さんも
B787が羽田にやってくるシーンを一緒に楽しみましょう。

Free TV Show from Ustream
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。