能登半島が「世界農業遺産」に選ばれました


おはようございます、息子です。
「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登録されて熱い今日この頃ですが、能登半島も世界農業遺産に認定されましたので紹介したいと思います。


通常、世界遺産というと、世界文化遺産が思いつくのではないでしょうか。
2002年からは世界農業遺産、というのもあるようです。

世界農業遺産は、正式には「世界重要農業資産システム(GIAHS)」という。国連食糧農業機関(FAO)が二〇〇二年から始めたプロジェクトで、次世代に継承すべき農法や生物多様性などを持つ地域の保存を目指している。能登半島と佐渡は国内初というだけではなく、先進国で初の登録でもあった。FAOにとっても画期的な決定だったといえよう。

[中日新聞:世界農業遺産 日本の良さを見直そう:社説(CHUNICHI Web)]

そして、この度、能登半島が佐渡島と共にこの世界農業遺産に選ばれました。

能登半島は1千枚を超える棚田が並ぶ「千枚田」など人の手を適度に入れることで保たれる「里山」が点在。海女漁や揚げ浜式製塩など海の恵みを生かす「里海」文化も継承している点が評価された。佐渡島は国の特別天然記念物トキをはじめ、ドジョウやカエルなど多様な生物を育む水田づくりを進めていることが認められた。

[asahi.com(朝日新聞社):世界農業遺産に能登・佐渡認定へ 先進国から初 – 社会]

能登半島の、自然を利用した農業、漁業が、認定のポイントだったようですね。

「能登の里山里海」は、神子原米や能登野菜などの「農産物」、千枚田や春蘭の里などの「景観」、揚げ浜式製塩や能登各地の炭焼きや海女漁など里山里海の資源を活用した「伝統的技術」、 あえのことや能登各市町に伝わるキリコ祭りなどの「文化・祭礼」など、何世紀にもわたり農林水産業や人の暮らしの中で育まれてきた豊かな資源を有する地域です。

改めて能登半島を見てみると、能登半島にも守るべき遺産がたくさんあることに気づきます。
しかし、それらを守っているのは、お年寄りが多いという情報もあります。
今後は、私たちのように若い世代の人間が能登半島の遺産を守れるような、そういった仕組みを作る事もひつようではないでしょうか。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。