1から餃子


おはようございます。
息子の妻です。
先日挑戦した餃子について書いてみたいと思います。


買物に出かけた際に市販の餃子の皮を買い忘れたのですが、
またお店まで戻って買い直すのが面倒になってしまいましたので、
自分で餃子の皮も作ってみました。
皮の材料は強力粉と熱湯のみ。
強力粉に熱湯を注いだ後、最初は木べらで混ぜてから手で捏ねました。
※やけどに注意です。
1つにまとめあげたところで、一旦冷蔵庫で寝かせます。
1時間も寝かせれば十分です。
これを棒状に伸ばし、一口大に切り分けます。
切り分けたものを麺棒などで伸ばせば、皮の完成です。
中の具材は
キャベツ、豚ひき肉、塩、コショウ、おろし生姜、オイスターソースです。
本当はキャベツの水分を塩で出してから使ったほうが良いのでしょうけれど、
煩わしい作業は抜きにして、みじん切りのまま使っています。
生餃子
生餃子
焼き餃子1 焼き餃子2
出来上がり!
餃子の皮の生地が余るようでしたら、
伸ばす前の状態(=一口大に切り分けた状態)で片栗粉にまぶし、
ジップロックなどに入れて冷蔵庫に保存すれば翌日も使えます。
伸ばした状態であれば、千切りにしてスープに入れても美味しいです。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。