続・公務 de のとじま水族館


おはようございます、息子です。
昨日に引き続き、のとじま水族館の様子を紹介したいと思います。


今、のとじま水族館といえば、ジンベエザメが目玉でしょう。
「青の世界」と名付けられたジンベエザメ館は、順路の一番最初になっています。
チケットを購入して(私は購入していませんが)中に入ると、すぐに青い世界と潮の匂いが漂ってきました。
いきなりジンベエザメとご対面です。

ゆったりと泳いでいました。

近くに来ると、フレームに収まらないほどの大きさです。
ちなみに、チケット売り場の手前には模型までありました。

ジンベエザメ館の水槽は、かなり大きな水槽だと思いますが、それでもジンベエザメにとっては、少し狭そうだな、という印象がありました。
それでも、ゆったりと泳ぐジンベエザメを見ていると、別世界にいるような感じがしました。
ジンベエザメ館を出たところには以前の入り口があります。

今となっては古さを感じさせますね…。
のとじま水族館にはペンギンもいます。
ちょうどイルカショーが始まる時間だったので、その前にパチリと一枚。

イルカショーは人が多すぎて、ちゃんとした写真が撮れませんでした…。
で、イルカショーが終わってからもう一度来ると、ちょっと様子が違っていました。

ぼーっと立っているペンギンやら、うつ伏せになっているペンギンやら。
誰も来なかったからでしょうか?
ペンギンといえば、謎のゆるキャラがいました。

入り口(またはチケット売り場)への誘導でしょうか。
人だかりが出来ているので、かなり目印にはなっていると思います。
さて、見所は他にもあるのですが、人気があるのはトンネル水槽でしょう。
トンネルの中は大変混雑していました。
トンネル水槽は別名「イルカたちの楽園」ということで、ぼーっと浮かんでいるだけのイルカもいたりします。

海の中にいるような体験ができるのは面白いですね。
トンネルが透明なガラス(あるいはアクリル?)なのですが、光の屈折の関係でしばらくいると目が痛くなってきます。
視力が合わないメガネをかけているような感じですね。
ということで、トンネルを抜けて上から見てみることにしました。
上から見ていると、ペンギンが水槽の縁をよく歩くのです。

結構な勢いで縁に向かってジャンプするので、落ちるんじゃないかと心配になりました。
まあ、余計な心配なのでしょうが。
そんなこんなで、のとじま水族館がすっかり変わっていてビックリしました。
前回来たのはいつだったかすら記憶にありません。
しかし、初めての人も、久しぶりの人も、楽しめる水族館であることは間違いありません。
是非一度はお越しください。
なお、この記事では、いずれかの写真をクリックすると画像が大きく表示され、スライドショーが可能になります。
ごゆっくりお楽しみください。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
ご予約は、宿泊予約フォームからも承ります。
楽天会員の方は、楽天トラベルもご利用ください。