相撲をやらせる風習


おはようございます、息子です。
先日、twitterで質問されて、気づいたことがありましたので、それを紹介したいと思います。


そのtwitterの発言というのは以下のようなものです。

@notowaka 能登のほうでは男の子に相撲をやらせる風習があるって本当ですか?

[Twitter / @みそ: @notowaka 能登のほうでは男の子に相撲をやら …]

最初は、何を訊かれているのかよくわかりませんでした。
「やらせる風習」というのは聞いたことはなかったのです。
しかし、記憶をたどってみると相撲はやっていました。
小学校の時は、グラウンドの隅に土俵がありましたし、中学校には屋外ですが屋根付きの土俵がありました。
でもそれは、体育の時間に相撲があったり、学校内で相撲大会があったり、地域の相撲大会があったりするので、当然、練習用の土俵があったのだという認識でした。
もしかして、他の地方というのは学校に土俵ってないのでしょうか?
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店