あってよかった…スカイプ


おはようございます。
息子の妻です。
先日のIT化の話のつづきです。


「あってよかった…スカイプ」。
こう感じたのは今から1年少し前の話です。
実は私が主宰する音楽教室は
スカイプで取得したIP電話回線を利用しています。
インターネット網を通じて電話が掛かってきます。
このように電話番号を取得するサービスは
スカイプの有料オプションなのですが、
NTTなどで電話回線を引くことを考えれば
1番初期コストの安い電話回線です。
外部の普通の電話番号にも電話を掛けることが出来ますが、
こちらも有料サービスとなり、
今入っているプランは1分あたり1円25銭と格安です。
さて、なぜこれがあってよかった…と実感したかというと。
実は、一昨年の年末に旅行したときのことでした。
ラスベガスで定宿にしていた某カジノホテルに滞在する際は
必ず、担当者とのやり取りで無料招待をしてもらっていたのです。
しかし、確認出来ていたはずの日程変更について
システム上が出来ておらず、
チェックイン日に担当者は休みとのことで、
予約がキャンセルされてしまったのです。
夕方で、異国で、路頭に迷うかどうしようか、
ひとまず、手元のパソコンをネットに繋げるべく、
近くのマクドナルドでお茶をしながら
他のホテルの空き状況を確認するものの、
当日予約についてはネット予約は終了しており、
途方に暮れていたときに「そういえば!」とヒラメキが。
次の滞在先であるヒルトンのコンドミニアムのページを確認すると、
ちょうど空室があったのです。
米国西海岸時間で夕方といえば、
日本はちょうど午前中の業務開始時刻。
スカイプアウト(外部有料通話)を使って
日本にあるヒルトンのカスタマーに電話して助けてもらいました。
そのおかげですぐに手配をしてもらい、
コンドミニアムでの滞在期間を前倒し+延泊ということになりました。
緊急時というのは
一応は何とかしてもらうようにお願いは出来るものの
気の利いた英語が出て来ないのが歯がゆいことと、
母国語ではないために相手との交渉も思うように進まないことがあり、
この時ばかりは日本語で話せる相手に電話を掛けられる環境があったことに
感謝しきれないほど感謝しています。
…とはいえ、
定宿としていたホテルも気に入っているので
なかなか捨て難いというのが本音です。
(もう何年も泊まっていませんが。)
スカイプは無料なのが魅力ですが、
こうした有料サービスもなかなか悪い訳ではなく、
便利なものだと感じています。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店