今、自分達が取り組むこと


おはようございます。
息子の妻です。
先般の大地震が起きてもう5日目です。
昨夜は大阪も揺れました。
今、自分達が取り組むことを考えてみました。


この数日で変わったことは
些細なことではあるのですがいくつか有ります。
いつでもすぐにリードを付けて避難出来るように
飼い犬たちに首輪を付けたこと。
他人にはペット(家畜)、
しかし、我々にとっては家族そのものなので、
万が一があっても1匹欠かさず一緒にいたいものです。
冷凍庫に大量のご飯を冷凍。
いつでもすぐに食事が摂れるように
まずは12合ほどのお米を炊いて冷凍しました。
犬たち用の食事は
元々、個体別に異なるフードを与えているため、
3匹それぞれのフードケースを常用しており、
少なく見積もっても1週間以上はそれで間に合います。
人間用の食事は、
偶然にも海外旅行用に買い置きしてあったアルファ米を常備していました。
寝具などは
キャンプ用品を一通り完備しているので、
いざとなれば寝袋でもなんでも大丈夫です。
また、オール電化住宅の場合は
エコキュートと呼ばれる電気温水器を使っているので、
その中に300リットルほどの熱いお湯も常に確保しています。
普段の暮らしの中で使うアイテムが、
震災時に大いに役立つのかもしれない…と思うこともありました。
実は昨日より私の友人が被災地に救援隊として活動に出かけました。
友人は勤務先からの応援要請があって現地に乗り込んでいるのですが、
個人レベルでは募金程度しか力になれないのが現状です。
個人で現地入りを目指そうとする人がいるとすれば、
それはまだ時期尚早だと思います。
今は、各団体に自分達の気持ちを託してみましょう。
そして、普段の暮らしを震災に耐えられるようなシステムに少しでも組み替えてみる良い機会なのだと思いました。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店