待ち伏せてみました


おはようございます。
息子の妻です。
待ち伏せの間の行動…について
ちょっぴり振り返りたいと思います。


夫が能登島に向かう際に、
帰りは迎えに来て欲しい…ような感じの
煮え切らない表現をしたものですから、
私自身が出かける口実として、迎えに行く事にしました。
場所は大阪・梅田の阪急三番街バスターミナル。
我が家からのアクセスは
JR、阪急、地下鉄の3路線から選べますが、
いつも通りに自宅から1番近くて便利な地下鉄をチョイス。
梅田で降りて1番南側の出口から出ると、
そこには誘惑のデパートの入口が2軒見えます。
まずは阪神百貨店と阪急百貨店をハシゴして
事前に調べて購入したかったものの買物を済ませ、次の目的地へ。
次は紀伊国屋書店。
バッグや買物袋の重さがなければ
あと1時間ほど巡っていたかった…。
その重さがあったので、
仕事用の楽譜、趣味の鉄道本に加え、
夫と共用出来そうなビジネス書を3冊購入。
大きな出費でした。。
それから近くのミスドに入る事1時間半以上。

人間観察しながら、
購入したてのビジネス書のうち、1冊読み終えられました。
そしてバスターミナルへ向かったわけですが、
ここで気をつけなければいけないことは、
バスターミナルの管理が行き届いていないということ。
夜遅い時間だったことも原因かもしれませんが、
時折、用事の無い人がうろついていることがあるので、
手荷物には目を離さずに注意したほうが良いです。
海外の駅などに有りそうな光景とさほど変わらない…と言えば
お判りいただけるかも知れません。
そして、この場所は見送る者、見送られる者…
という光景を観察しながら
予定より大幅に遅れている金沢からのバスを待つ事に…。

予定より約40分遅れで大阪に帰着。
何だか思っていたよりも疲れている様子だったのですが、
その理由を探るべく、朝5時まで営業している居酒屋に突入。
(注:5時まで飲んでいたわけではありません)
そして、また明日の朝。
夫が能登島に旅立つそうです。
例により、私は仕事のため留守番です。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店