Charice Japan Tour in Osaka


おはようございます。
息子の妻です。
本日はCharice Japan Tourについて
少し書いてみたいと思います。


Chariceという歌手をご存知の方、
最近は少し増えたのではないでしょうか?
昨年11月に書いたブログでもご紹介しました
David Fosterがプロデュースした
18歳のフィリピン人歌手です。
一昨日はChariceのジャパンツアー最終公演のため
大阪の端っこにあるZepp Osakaまで行って来ました。
Chariceの曲で良い曲だなぁと感じるのはこちら。

Note to God
最初にChariceの歌を聴いたのは
David Fosterの『Hit Man』というアルバムの中にある
I have nothingというカバー曲です。
今から2年ほど前になりますが、
David Fosterのコンサートへ行くための前勉強として
購入したアルバムの中に彼女の曲が入っていて
随分と聴き入りました。
そして、初めて生で歌を聴いたのは
2年前のラスベガス・マンダレイベイリゾートでのコンサート。

こちらは夫が撮影してくれたものです。
David Fosterがいない単独ライブは
どうなるものかと思っていましたが、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
観客の多くは見た目30代~60代くらいと
やや上ながらも幅広い年齢層で
色々な国籍の人々が集まっていて
そういうことも楽しかったです。
途中のトークは何となくわかったのですが、
あと少しの英語力があれば
さらに楽しめたかもしれません。
今年最初のライブ(コンサート)鑑賞は
良い音楽で始められて良かったです。
そして、これからの彼女の飛躍も楽しみです。
ちなみにChariceという名前、
日本のメディアでは『シャリース』と呼ばれるようになりましたが、
どうも違和感を覚えてしまいます。
『チャリス』『チェリス』のほうが
まだネイティブに近いかも…。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店