大雪の影響で氷室の仕込みが場所変更


おはようございます、息子です。
先日紹介した「第26回湯涌温泉 氷室の仕込み」ですが、アクシデントがあったようですね。


寒波が、大事なイベントにも影響を与えてしまいました。

金沢市湯涌温泉の冬の風物詩「氷室の仕込み(雪詰め)」は30日、同温泉で行われた 。今年は玉泉湖畔に復元された氷室小屋で初めて開催する計画だったが、散策路が大雪で ふさがれたため、薬師寺境内の旧小屋に急きょ変更して実施した。近年は暖冬続きで雪の 確保に頭を悩ませていた地元関係者は「降りすぎても大変」と想定外の大雪に困惑しなが らも行事を進めた。

[北國・富山新聞ホームページ – 石川のニュース]

氷室というのは、雪がないと意味が無いわけですが、ありすぎて困るというのは、なんとも皮肉なものです。
しかし、場所を変更して柔軟に対応できたのは素晴らしいと思います。
ところで、このイベントは「氷室開き」とセットになっています。
「氷室開き」の時もこの「旧小屋」で行うのでしょうか?
いえ、ご安心ください。

同協会は2月中に玉泉湖の小屋にあらためて雪を詰め、6月の「氷室開き」で使用する 予定で、安藤精孝会長は「悪天候の中でも足を運んで頂きありがたい。自然には勝てない が、冬の湯涌も満喫していただけたのではないか」と話した。

[北國・富山新聞ホームページ – 石川のニュース]

ということで、改めて仕込みを行うようです。
それにしても大変な雪ですね。
若林荘でも、この日曜日は久しぶりに雪かきをしないと道路に出られないような状況になっていました。
また、昨日は、JR北陸線は全線でほぼ終日運休という未曾有の事態となっていました。

31日の石川県内は上空に流れ込んだ寒気の影響で強い冬型の気圧配置が続き、前日に 引き続いて大雪となった。七尾では、午前11時までの最深積雪量が74センチと観測史 上最大を更新するなど、各地でこの冬一番の積雪を記録。雪の影響で、JR西日本金沢支 社が午前中、管内の全列車を全区間運休する異例の措置を取るなど、各交通機関で混乱が 広がった。

[北國・富山新聞ホームページ – 石川のニュース]

今日は、徐々に冬型が緩まるらしいので、ひとまずは安心ですね。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。
楽天トラベルでのご予約は民宿 若林荘 楽天トラベル支店