日本伝統漆芸展 in 石川県輪島漆芸美術館


おはようございます、息子です。
日本伝統漆芸展が輪島漆芸美術館で開催されますので、紹介したいと思います。


漆芸といえば石川県では輪島塗が有名です。

漆芸は日本が世界に誇る優れた工芸の一つです。そして輪島市は、日本を代表する高級漆器「輪島塗」の産地として有名です。

日本を代表する漆芸でしょう。
その、日本を代表する輪島で、日本伝統漆芸展が開催されるのは、とても喜ばしい事だと思います。
この漆芸展は第28回目の開催となるそうです。
会場となる石川県輪島漆芸美術館は、漆芸専門の美術館です。

当館は、より多くの方々に漆芸への理解を深めていただくと共に、輪島の地より、未来に向けて新しい漆文化の発信基地でありたいという目的で、全国でも数少ない漆芸専門の美術館として平成3年(1991)に開館しました。

第28回日本伝統漆芸展は、平成23年1月26日(水)~2月21日(月)まで開催されます。
その漆芸展の準備等のため、平成23年1月11日(火)~1月25日(火)までを休館日としていますので、ご注意ください。
開館時間は、9時から17時(入館できるのは、16時30分)までとなっています。
入場料は、一般600円・高大学生300円・小中学生150円。団体割引もあります。
是非、ご覧になってください。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。