「1000人が歌う 能登の第九 まだら公演」 in 七尾サンライフプラザ


おはようございます、息子です。
七尾サンライフプラザで、「1000人が歌う 能登の第九 まだら公演」というイベントが開催されますので、紹介したいと思います。


内容はともかく、「10000人の第九」をインスパイヤしたイベントのような感じですね。

能登半島に伝わる祝い唄「まだら」は稀有な民謡です。能登半島の各地で歌い継がれおり、現在は七尾市・輪島市を中心に力強く受け継がれています。

[ななお感動協会: ゆく年くる年「1000人が歌う 能登の第九 まだら公演」]

私は15年程能登島に暮らしていましたが(そこから20歳までは寮生活)、残念ながら「まだら」というのは聴いたことがありません。
もしかすると、聴いたらわかるのかもしれませんが、「まだら」から連想する民謡はありません。
どんな感じの歌なのか、聴いてみたいですね。
詳細は以下のとおりです。

開催日
12月23日(木・祝) 14:00~16:00
場所
七尾サンライフプラザ(七尾市本府中町ヲ部38番地)
内容
  • まだら大合唱(七尾まだら・輪島まだら)
  • 能登の風土が育んだ民謡披露
  • 富山大学名誉教授 中村義朗氏による「まだら」解説
入場料
無料
お問合せ
能登の第九まだら公演2010事務局 北國新聞社営業局内 (金沢市南町2-1) TEL.076-260-3574

「まだら」の解説もあるようなので、おそらく歴史ある歌なのでしょうね。
興味のある方は、是非参加してみてください。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。