「いしかわ観光特使」委嘱状交付式に行ってきました


おはようございます、息子です。
「いしかわ観光特使」委嘱状交付式と、交流会に参加してきたので、報告したいと思います。


まず、会場となったのはウエスティンホテルです。

この会場に決まった理由はちゃんとあったのですが、それは後ほど。
会場についたのは16時15分頃。
16時30分集合でしたが、半数ほどは既に着席していました。
座席には手提げ袋に名刺や観光案内の冊子等が入っていました。
集合時間になり、交付式の流れの説明がありました。
10分程度あったでしょうか。
その後しばらくして、17時になり、知事が入室され、交付式が始まりました。
最初に挨拶があるのかと思いきや、いきなり委嘱状の交付→知事とマンツーマンでの記念撮影のコンボでした。
34名出席の予定でしたが、最終的に33名の方に委嘱状が手渡されました。
交付が終わったあと知事の挨拶です。

エライ人の挨拶というのは、堅苦しく長ったらしい、というのが定番だと思っていましたが、見事に裏切られました。
堅苦しい挨拶もそこそこに、「観光誘客に向けた取り組み」と題してパワーポイントを使ってプレゼンを始めたのです。
プレゼンの内容は日を改めて少しずつ紹介したいと思います。
プレゼンを聞いていて思ったのは、石川県知事は石川県のトップセールスマンだ、ということでした。
知事がこのような仕事をしているとは知りませんでした。
プレゼンが終わったあと、代表者の挨拶と全員での記念撮影が行われました。
そして、場所を移して交流会となりました。
交流会は8人程度のテーブルに分かれて着席し、そのテーブルに大皿で料理が運ばれてくる形式です。
各個人に運ばれてくる料理もあったので、着席バフェよりはコースに近い感じでした。

そして、メニューはなんと、石川県産の食材を使用しているものがほとんどでした。
これもまた、後日詳しく紹介したいと思います。
交流会は19時30分頃にお開きになりました。
そして締めの挨拶で判明したのですが、「いしかわ観光特使」委嘱状交付式がウエスティンホテルで行われたのは、ウエスティンホテル大阪の取締役総支配人も「いしかわ観光特使」に委嘱されていたからでした。
ウエスティンホテル大阪では、これまでも石川県関連のイベントを数多く実施されていたそうです。
まさか、そんな繋がりがあったとは思いませんでした。
初対面の方々ばかりなので、最初はどうなることかと思いましたが、交流会ではいろいろな人と話をすることができて、楽しい時間が過ごせました。
ただ一つ悔やまれるのは、民宿の名刺を家に忘れてしまったことです…。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。