能登島産 松茸


おはようございます。
息子の妻です。
本日は石川県能登島産の松茸をご紹介します。


さて、ご紹介しますのは、
義母(=夫の母)から届いた松茸です。

純国産ですね。
能登島産ですね。
かなり立派な姿で箱から登場しました。
箱から開けてすぐに香りを嗅いでみましたが、
輸入物とは比べ物にならないくらい強い香りでした。
おそらくデパートだと…手が出ない価格なのは間違い有りませんし、
能登島産は市場(しじょう)にも出回ってはいないと思います。
届いてすぐに調理してみました。
まずは定番中の定番、松茸御飯。
 
松茸は汚れを落とし、石突きを除いて刻んだ後、
酒、醤油で下味を付けてから炊飯しました。
続いてすき焼きに。

すみません…お肉のかけらしか映っていませんね。。
これでも神戸で買って来た正真正銘、大井肉店の神戸牛なのですよ。
今回の松茸の到着に合わせて夫に買ってきてもらいました。
我が家のすき焼きは関西風の作り方なので、
割り下を使わずに最初にお肉を焼く事から始めるのですよ。
焼いたお肉の上に砂糖、醤油、酒を入れて、
さらに野菜類を入れるという作り方です。
最初に焼いたお肉は出汁を取るためのお肉なので、
食用といえば食用ですが、旨味の犠牲になるためのお肉です。
しかし、最初に焼くとついつい塩だけで
お肉を味わってしまうのが我ら夫婦のやり方。
特に今回のように美味しいお肉の時は
塩だけで何枚も食べてしまうものですから
ある程度食べたところで自制しなければいけません。
食欲の秋と簡単に表現することが軽々しいと思ってしまうメニューでした。
ちなみに能登島産松茸ですが、
民宿 若林荘にて季節限定の松茸料理(要予約)としてご提供しております。
天候等により松茸の入荷状況が異なりますので、
詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。
ご迷惑をお掛け致しますm(_ _)m 民宿 若林荘は改装中です
民宿 若林荘
11月以降のご予約を心よりお待ち申し上げます。