米国ビザウェイバープログラムとESTAについて


おはようございます。
息子の妻です。
本日はアメリカ入国に際してのビザ免除対象国国民向けの
ビザウェイバープログラムとESTA(電子渡航認証システム)についてをお伝えします。
(近々(1~2年内)に渡米予定の有る方はぜひご覧下さい)


ご存知の方が非常に多いと思いますが、
アメリカ入国に際し、我々日本人は観光ビザが免除されています。
下の写真にある緑色のI-94Wというビザウェイバー(ビザ免除)プログラム専用の
用紙を1人ずつ提出することで観光ビザが免除となっていました。

同時に税関申告書も提出となります(こちらは一家に1枚提出)。
(青色の用紙が税関申告書)
ESTA(電子渡航認証システム)のサイトはコチラ
(米国大使館ホームページに繋がります)
しかし、2008年頃よりESTAという電子渡航認証の申請が始まり、
I-94Wに代わるものとして運用されましたが、
システム移行期間はESTA申請者もI-94Wと併用してきました。
今後はこのESTAをインターネットより申請し、
渡航許可がその場で下りた方のみが旅行に出られることになります。
これまでのような入国不可対象者が
入国審査でI-94W提出後に別室→強制送還ものが
減少するのかもしれません。
また、アメリカ入国の際にパスポートに添付されていたI-94Wの半券が
アメリカ出国時に取り忘れられてしまうような事態にならないのも利点かもしれません。
(取り忘れにより再入国時に厄介なことになる=米国に長期滞在していると勘違いされる)
さて、今回は何を伝えたいのかというと、
そのESTA申請に係る手数料が有料化されるということです。
これまでは無料で申請できたESTAが9月8日申請分より
1回あたり14ドルの手数料が発生することとなりました。
有効期限は2年間です。
なお、アメリカ本土以外に
ハワイへのご旅行の場合はESTAが必要なのですが、
グアムへのご旅行の場合はESTAの申請は状況によるそうで、
旅行代理店や航空会社への事前確認が必要です。
有効期限が2年もありますので、
これから1~2年内に渡米予定の可能性がある方は
旅程の決定前でも申請だけされておかれたほうがお得です!
ESTAの申請は日本語対応でとても簡単に(今のところ)無料で申請出来ます。
(ネット上には悪徳な斡旋業者もおりますのでご注意下さい)
ぜひ、無料期間のうちにESTAだけでも申請しておきましょう!
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。