お熊甲祭(おくまかぶとまつり)


おはようございます、息子です。
今日は「お熊甲祭(おくまかぶとまつり)」を紹介したいと思います。


「お熊甲祭(おくまかぶとまつり)」は、毎年9月20日に実施されます。

国の重要無形民俗文化財に指定されている奇祭。別名「枠旗祭り」「二十日祭り」とも呼ばれるこの祭りは、大陸の渡来神を祀る久麻加夫都阿良加志比古神社の大祭で、毎年9月20日に行われる。天狗面をつけた猿田彦が鉦、太鼓に合わせて踊りながら祭りを先導し、屈強の若い衆が20mもある真紅の枠旗を担ぐ勇壮な祭り。

[七尾市 [ お熊甲祭 ]]

七尾市には奇祭と呼ばれるお祭りが多くあります。
このお祭りもそのひとつです。

この祭りは、久麻加夫都阿良加志比古神社(くまかぶとあらかしひこ)(熊甲神社)の大祭で、毎年9月20日に行われることから”二十日祭り”とも呼ばれています。町内の各集落に鎮座する19の末社からくり出した神輿は、猿田彦の先導で、高さ20メートルばかりの深紅の大枠旗やお道具を従え、「イヤサカサー」の掛け声と鉦・太鼓の音も賑やかに、本社に参入します。拝殿に全神輿が参入すると、本社で奉幣式に移り、若衆が鉦・太鼓を打ち鳴らし、それに合わせて猿田彦が境内にいっぱいに乱舞します。

9月以降は、収穫祭も多くあります。
機会があれば、是非ご覧ください。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。