8月20日オープン!ジンベエザメ パノラマで


おはようございます。
息子の妻です。
8月20日にオープンするという
のとじま水族館のジンベエザメ パノラマ大水槽について
少し触れてみたいと思います。


asahi.comより

ジンベエザメを公開する「のとじま水族館」(七尾市能登島曲町)の
パノラマ大水槽が20日、オープンする。7月21日に主役のジンベエザメが到着し、
健康状態もいいことから、初秋に予定していた公開を夏休み中に早めることになった。
日本海側では初、国内で4館目のジンベエザメ展示がいよいよ始まる。
 富山湾に面した同市灘浦地区の定置網で捕獲された
体長約4・8メートルのジンベエザメは、大水槽に入って以来、
えさを食べない日はあるもののやせておらず、元気で泳いでいるという。
 公開されるパノラマ大水槽は鉄筋コンクリート2階建てで、
約20億円をかけて建設された。
八角形の水槽は水量1600トン、最大水深6メートル。
厚さ最大32センチのアクリルパネル8枚を隔てて、
ジンベエザメの生態をさまざまな角度から観察できる。
特に「水槽の上から見ることができるのはここだけだ」という。
 大水槽にはジンベエザメ1匹のほか、サメの仲間2種類や
エイ、マアジ、熱帯魚など千匹以上の魚を入れる予定だ。
県民ふれあい公社は「集客力のあるジンベエザメの公開で、
年間約40万人の入場者が約10万人は増えるのではないか」と期待している。

また、年間10万人増との予想なのですが、
ゴールデンウィークの混雑具合を目の当たりにした私としては
観光に来られる方に渋滞ストレスを掛けないように
いち早く周辺道路などのインフラ整備を
何とかしてもらいたいなぁ~と思うのが本音です。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。