別所岳サービスエリア


おはようございます、息子です。
今日は「別所岳サービスエリア」について紹介したいと思います。


別所岳サービスエリアは、能登有料道路を走る際、能登島から能登半島の北のほうへ行く時には最初で最後のサービスエリアです。
サービスエリアと言っても、高速道路のそれとは違って、あるのは自動販売機とトイレと、そして展望台です。
案内図を御覧ください。現地にあったものですが。

以前の記事では、別所岳サービスエリアの下り線に展望台が完成、と書いていましたが、実際には上り線からでも展望台へ行くことが可能です。
このあたりは能登半島地震によって道路が封鎖されていました。
復旧のために切り崩した山の跡地に展望台が作られたそうです。
地震を忘れないためのシンボルとでも言えるでしょう。
そのためか、地震からの復旧についての案内板もありました。

さて、そろそろ展望台へと出発です。

一番奥に見えるのが展望台です。
こうして見るとそれ程でもなさそうですが、意外と奥行きがあって展望台までは結構遠いです。
展望台の建物にはエレベーターがあります。
なので、歩くのが苦手な方は展望台まで地面を歩いて行くほうが無難です。
行く途中、お年寄りが休憩していたり、引き返したりしていました。
そう。登り始めたら途中で降りることはできないのです。
展望台まで行くか、スタート地点に戻るかの二者択一です。

何故なら、建物の中は階段でしたが、地上までは通じていないのです。
どうしてこういう作りにしたのでしょうか?
次来たときには、注意書きの看板があることを祈ります。
さて、展望台からは東の方と南の方の風景を眺めることができます。

能登島は東のやや南の方向です。
この日は視界があまりよくなかったのが残念です。
若干霞んでいます。

やや北のほうを向くと、穴水の方面が見えます。
しかし、あまり代わり映えしませんね。
能登島よりも南の方へ向けば、天気次第で立山連峰も見えるらしいので何度かチャレンジしたいですね。
紅葉のシーズンも見ごたえありそうです。

SEE ALSO

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。