輪島の塩直売所


おはようございます、息子です。
今日は輪島の塩直売所について書いてみます。


白米の千枚田からさらに東へ行くと塩直売所があります。

この日は直売所は休みだったのですが、塩田で作業している方がいて、色々と説明を聞かせていただきました。

直売所の隣には↑のような塩田があります。
ここで作られた塩が直売所で売っている、ということです。

塩田に海水を撒き、乾燥させてろ過します。
ろ過するとき、この箱のようなものを使うということです。
乾燥するときに水分が蒸発し、ろ過した海水は塩分濃度が濃くなっています。

ろ過した海水を釜で煮詰めていき、さらに濃度を高くすると塩分が結晶化します。
この時は火は入っていませんでしたが、この部屋はかなり暑くなりそうでした。

釜の縁には結晶化した塩らしき物がついていました。
この時点での塩を味見させていただきましたが、かなり苦味の強いものでした。
海のミネラルがかなり凝縮されていたのだと思います。

で、精製されたあとの塩がこちらです。
色のついているほうは、やや甘みがある、というか、やわらかい味の塩でした。
輪島は地元に程近い場所ですが、観光目線で旅をすると、色々と見所があるのだなと思いました。
有名どころだけではなく、道沿いにあるちょっとした直売所にも目を向けていただければな、と思います。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。