能登有料道路


おはようございます、息子です。
今日は、能登有料道路についてです。


田舎の道は信号が少なくて、とても快適です。
なので、学生の頃は、みんな有料道路は使っていませんでした。
今は流石に使います。
時間と安全をお金で買えるのであれば、その方が良いと思うからです。
それに、そんなに高いわけでもありません。
私たちがよく通るルートは、白尾から上棚矢田までですが、この区間の普通車の金額は440円です(たぶん)。
この有料道路、名称としては、能登有料道路と呼ばれていますが、わたしが子どもだったころは、よく「能登海浜道路」と呼んでいました。
それは、ズバリ、海岸線を走る道だからです。
金沢側の始点である粟崎ICから柳田ICまでは、ほぼ全線が海岸線に面しています。
日本海を西に望んで走るので、夕刻時は素晴らしい夕焼けを見ることも出来ます。

視界を遮るものが全く無いので、開放感もたっぷりです。

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。