能登島の歌


おはようございます、息子です。
記憶は定かではありませんが、私が小学生の頃に、「能登島の女(ひと)」という歌が発表されました。
当時、カラオケで毎日のように母が歌うのを聴いていた記憶があります。
歌っていたのは大川栄策さんだったと思いますが…google等で調べても載っていません。
ということで、先日、能登島に行ったときに母に訊いてみました。
実はこの歌、インディーズというか、地域限定のものだったらしいのです。
実家の近所の方がお金を出して(出しあって?)作ってもらったという話でした。
発売当時、大川栄策さんが来て歌謡ショーもやっていた、ということです。
ところで、この「能登島の女(ひと)」という歌ですが、最近は「岬ゆたか」という方が歌っているらしいです。
インターネットで調べてみると、1月にも歌謡ショーをやっていたらしく、能登島の民宿のブログに記事がありました。

七尾在住プロ歌手 岬ゆたかさん歌謡ショーで、ローカルヒットであのビッグ歌手、大川栄作さんが唄ってた 能登島の女を唄い観客の拍手をもらっていました。その後のカメラポーズです!

この方は「ああ能登半島」という歌も出しています。
ああ、できれば、公式サイトとかじゃなくてもいいので、ホームページか、ブログかがあればいいのに…と思いながら、gooにリンクを張っておきます。
まあでも、歌謡曲というのは地域に根づくものなんだな、と思いました。
20年以上も人々の記憶に残るだけでなく、歌い継がれているのは凄いことですね。
今後も、歌い続けていただきたいと思います。

SEE ALSO

能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。
民宿 若林荘
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。