能登の珍味


おはようございます。
息子の妻です。
本日は特に日本海側でしか頂くことの出来ない『珍味』について
少し書いてみたいと思います。
『珍味』という言葉だけですと
お酒のおつまみのようなものを連想されると思いますが、
ここでは能登以外では滅多にお目にかかれないものをご紹介します。
まずは梅貝。
『バイガイ』と読みます。
 
寿司ネタとして使われることが多いようですが、
煮付けとしても出て来ることが多いです。
生食のゴリゴリ~っとした歯ごたえ、
火を通すと弾力のあるモチモチとした感じ、
そんな独特の食感がたまらなく美味しいと思える一品です。
こちらはカワハギです。

カワハギという魚そのものは全国的だと思われますが、
カワハギの『肝』にはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか?
鮮度が良いものしか提供出来ない貴重なもので、
七尾周辺では刺身や寿司で頂く際に添えられていることが多いです。
実は食わず嫌いだったのですが、
1度食べてみたところ、
まったりとした食感はフォアグラに似ており、
その濃厚な味わいがクセになってしまいました。
能登へお越しの際は鮮度自慢の一品をご賞味なさってみて下さいね。
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。