LA滞在記1


おはようございます。
息子の妻です。
そういえば、『海外での休日』というカテゴリーを作っておきながら
まだその話に触れてさえいませんでしたので、
今日は直近に行って来たロサンゼルスの旅について触れてみたいと思います。

アメリカへの入国には、
パスポート、航空券のほかに税関申告書(青と白の用紙)と
I-94W(出入国記録カード=緑の用紙)が必要です。
これらの書類は飛行機のチェックイン時や機内で貰うことが出来ます。
この書類に加えて、出発前までにESTAというI-94の電子申請も必要となります。
ESTAは1度申請してしまえば2年間有効で、自分で申請をすれば手数料は無料です。
(旅行会社等にお願いすると有料サービス扱いとなることがあります。)
ESTAの申請についてはこちらをクリック
-------------------------------------------------------—
※注意:旅行&乗り物マニアなので、ここからは超長文となります。
出発したのは12月23日。
機内はクリスマス休暇のために帰国するアメリカ人が多く、満席でした。
機内で働くキャビンアテンダントさんもクリスマス仕様のユニホームで
機内はホリデーシーズンの雰囲気でいっぱいでした。

アメリカン航空170便 成田-ロサンゼルス B777-200
アメリカン航空はこれまでにも何度かお世話になっている航空会社で
日本の航空会社のシートよりもややゆったりしている上に
CA(キャビンアテンダント)さんとの会話も楽しみの1つです。
日系の航空会社にありがちな過剰なサービスが無いのも
余計な気兼ねをせずにゆったりとくつろげる理由の1つでもあります。
まずは手持ちのiPod Touchにて睡眠薬代わりにと
TBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」のボソボソ感タップリのナレーションを聴きながら就寝。
ぐっすり眠っている途中でお食事タイムのため、強制的に起床…。

第1食目の機内食 サーモンのペンネです。
ペンネもデザートも美味しかったです。

第2食目の機内食 デニッシュです。
オレンジジュースとフルーツが添えられています。
これを食べ終えてしばらくするとロサンゼルスに到着します。
ロサンゼルスまでの約9時間の移動と長いのですが、
今回は隣り合ったご年配の女性と話が合う方で良かったです。
起きている間はお互いのロサンゼルスでの過ごし方や興味の有ることなど、
いつもは黙って座りっぱなしな環境がとても有意義な時間になりました。
今回は残念なことに私のシートのみ液晶画面の不具合が起こり、
結局は最後の最後までビデオ、音楽が使えませんでした。
最初はスタッフから「壊したんだろ?」と冗談混じりに疑われたり困りました。
といっても、下のような飛行経路が見られないのが唯一、残念なことでした。

その後も「どこに滞在するのか?」とか「ホテルはどこ?」とか
CAさんと色々な会話をしているうちに、
この液晶が使えなかったお詫びの品(?)として
上級クラス用アメニティをCAさんより頂戴しました。
(乗り物マニアにはたまらなく嬉しいプレゼントでした。)
さて、
実は米系航空会社専用ターミナルでの入国審査は
JALやANAが利用する
トムブラッドレーインターナショナル(国際線専用)ターミナルよりも
比較的短時間で入国することが出来ます。
早く終わらせるコツとしては
降機後、すみやかに、足早に、
普段より15倍ほど早く歩いて入国審査の列に並びます。
(座席指定が出来る場合はなるべく前方の席を希望。)
審査待ちの列に並んでいる間に
パスポート、I-94W、税関申告書、
帰りのチケット(Eチケットの控え)、
宿泊予約票(プリントアウトしたもの)を用意して、
入国審査の順番がやってきたら
こちらから「Good Morning!」と一声掛けてみます。
書類を用意することで短時間で審査が済むことや
滞在先での目的を答えるのにとても役立ちますし、
このような場面でもコミュニケーションを図ることで
審査の際もスムーズな展開が期待出来ます。
審査ではその場で顔写真撮影のほかにも
片手ずつの『親指+親指以外の4本の指』の指紋を採取されます。
また、よくある質問の
『What a purpose of your visit?(今回の滞在目的は?)』と訊かれたときは
よくある回答例の「Sight Seeing(観光)」と答えるのが一般的ですね。
しかし、2週間程度の少し長めの滞在時には
「(Summer) Vacation(休暇)」と答えることが多いです。
審査を終えると、ターンテーブルで預けた荷物のピックアップ。
大きな荷物を抱えて次のチェックポイントでは税関申告書を提出。
何も言われなければ、そのまま出口へ一直線。
この旅では食品の持ち込みをしたために、
別にある検査場に立ち寄ることになりましたが、
没収されることもなく無事に通過。
 
ロサンゼルス国際空港(LAX)ターミナル4を出て、いよいよLA市内に向かいます!
       (アメリカン航空専用ターミナル)
LA滞在記2に続く・・・
能登島でのご宿泊は民宿 若林荘をぜひご利用下さいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。