和倉温泉 総湯


おはようございます。
息子の妻です。
そういえば、『ごま屋』さんを紹介しておきながら
文中で登場した総湯について触れるのを忘れておりました(汗)
そこで今回は和倉温泉の『総湯』について
少しご紹介させて頂ければと思います。

大きな地図で見る
総湯とは和倉温泉で唯一の公共浴場(立ち寄り湯)です。
和倉温泉駅から車で5分ほどまっすぐ走ると
温泉旅館やホテルが次々と見えて来ます。
美湾荘→青海荘…と見えて来たら次に東京堂というお店が見えます。
この角を左折すぐでこの看板が見えたら…

総湯』に到着です。
私は女湯しか知らないので、女湯について…。
浴室内には内湯、ジャグジー、露天風呂、サウナがあります。
男女兼用の施設では
無料の大広間(とっても広い!)と無料の仮眠室、
喫煙OKの休憩室(TV、マッサージチェア設置)があり、
2Fは有料の休憩室となっています。
大広間ではご年配の方々がお茶とお昼ごはんを持参して
ゆったりとくつろがれていることが多いです。
おそらく、食後にまた入浴…と何度か入浴を繰り返されるのかもしれませんね。
通常の入浴のほかに、
総湯の入口横にある足湯は24時間無料でどなたでも利用出来ます。
 
上段が石を敷き詰めたマッサージ歩行用で
下段が座りながら入浴出来る浴槽です。

足湯と反対側の横には温泉たまごを作るコーナーが設けられており、
こちらも無料の施設となっています。
温泉たまごの場合は15分、ゆでたまごの場合は20分茹でます。
写真のカゴに入っているのは我が家の10個のたまごです。
料理が苦手な人でも時間さえ計ることが出来ればカンタンに出来ちゃいます。
実はこれを作った後、大阪まで持ち帰り美味しく頂きました。
和倉温泉にはあと1カ所ほど温泉たまごを作られる公園があり、
総湯のここが満員の場合は公園の施設で温泉たまごを作ることもあります。
【和倉温泉 総湯】
営業時間:午前 7時より 午後10時(閉店)まで
     (毎月25日は休業日, 日曜・祝日の場合は翌日)
  料金:大人 480円 (中学生以上)
     中人 180円 (小学生)
     小人 100円 (乳・幼児)
回数券は(多分)12枚で4800円だったと記憶しています。
貸しバスタオルやタオルの販売などもありますので、
突然、気が向いたときにも手ぶらでOKですよ。